【お知らせ】ピク活IT 勉強会「サービスデザイン思考×ピクト図解」募集開始!

【お知らせ】ピク活IT 勉強会「サービスデザイン思考×ピクト図解」募集開始!

前半戦:カスタマージャーニーマップを使ってサービスを検討します。
後半戦:ピクト図解とキャンバスを使ってビジネスモデルを検討します。

お手数をお掛けしますが、両日のご参加(登録)にご協力下さい!
・1/22(水) 前半戦
http://pictoit.doorkeeper.jp/events/8020
・1/29(水) 後半戦
http://pictoit.doorkeeper.jp/events/8021

みなさま、ご参加よろしくお願いいたします。

 

広告

2013/12/30 at 20:41 コメントをどうぞ

1月勉強会「サービスデザイン思考×ピクト図解」まもなく募集開始します!

1月勉強会のお知らせです。

サービスデザイン思考(今回は「カスタマージャーニーマップ」)を使って顧客体験を意識したサービスを創出し、ピクト図解でビジネスに落とし込む勉強会を開きます!

IMG_3035 IMG_3040 IMG_3042

現在、コアメンバーで勉強会の内容を策定中です。

以下の日程で実施いたします。

参加希望の方は、Twitter(@PictoITUser)までメンションいただけますか?

こちらへのコメントでもOKです。

[2014年1月勉強会開催概要]

  • 開催日:1月22日(火)、29日(火)19時~22時(予定)
  • 場 所:都内某所(参加者に別途連絡します)
  • 人 数:20名
  • 参加費:実費(1000円程度)※ 2日間での料金です
  • 対 象:ITエンジニア中心に、サービスデザイン思考に興味のある人
  • 参加条件:
  • 「ビジネスモデルを見える化するピクト図解」(板橋 悟著)を読んでいること
  • サービスデザイン思考、デザイン思考に興味のある方
  •  1/22、29両日に参加できる方(を優先)

申し込みページが準備でき次第、またこちらで連絡します!!

[関連リンク]

ピク活IT(ピクト図解 ビジネス活用会 IT支部)

ピクト図解

サービスデザイン思考

カスタマージャーニーマップに関するヒント

2013/12/29 at 07:33 コメントをどうぞ

考案者 板橋さんによるオープンセミナーが開催!

12月6日(金)19時半〜21時半、考案者の板橋さんによるオープンセミナーが開催されます。

「勝ち組企業のビジネスモデル」をテーマに寺子屋形式の少人数制ワークショップを実施とのこと! 直接のレクチャーは貴重なのでお薦めです!

詳細はこちら。

第4回【入門A】

ピクト図解®でスッキリ分かる!
勝ち組企業のビジネスモデル
~なぜあの会社だけが儲かるのか?~

日時:2013年12月6日(金)19:30~21:30  (19:15開場)
会場:CO☆PIT(こぴっと)
港区港南2-15-2 品川インターシティB棟 10階
講師:板橋 悟(ピクト図解®考案者)
定員:12名
受講料:8,000円(税込み)
詳細&お申し込み:http://3w1h.jp/individual/?p=645

参加条件:当日までに下記2冊の本を読んでこれる方
『ビジネスモデルを見える化する ピクト図解』(ダイヤモンド社)
『「記事トレ!」日経新聞で鍛えるビジュアル思考力』(日本経済新聞社)

ぜひ、ご参加ください。

 

 

2013/11/30 at 20:39 コメントをどうぞ

第11回勉強会報告 KA法とコラボしました!

第11回勉強会報告 KA法とコラボしました!

2012/9/17(月)朝10時から17時まで、途中お昼の休憩を取りながら1日かけての勉強会を実施しました。

今回はKA法とのコラボ。ユーザーの隠れた「価値」を分析するモデリングツールの概要を学びました。

おかげさまで今回は、20名の定員がすぐに満席になり、その後、増員をかけ22名様に当日参加頂きました。

  • KA法とは

KA法は、人間中心デザイン(HCD)のユーザーモデリング技法/質的分析法の1つです。元々はマーケティング分野の手法で、(株)紀文食品の浅田和美氏が考案した価値モデリング技法のこと。ユーザー(消費者と言い換えてみると分かりやすいかも)の言動や行動に潜んでいる価値を救い出す技法です。

アンケートなどの文章、インタビューした内容をベースに、KA法を実践すれば、その文脈の中でユーザーが意図していたこと、いわば本音(これを”価値”と呼びます)を見つけられるといいます。

UXを学ぶ勉強会コミュニティであるhcdvalueより、@chachakiさんを講師に招き、その手法について説明頂きました。ありがとうございます!

KA法について@chachakiさんからのレクチャー。分かりやすいたとえを使いながら、なごやかな雰囲気で説明いただきました。

今回は事前に課題として「もらって嬉しかったプレゼント/残念だったプレゼント」をテーマ作文を参加者にお願いし、その文章を元にワークショップを行いました。

インタビューをもとに、いよいよ、ユーザーの“価値”を取り出します。真剣!

 

KJ法を使って、価値を分類中。まずは中分類にします。

その後、掬いあげた価値をまとめ、そのごアイデア発想法を用いて、新サービスを発表しました。

KA法を経て新たに企画したアイデアを発表中。

●午後からやっとピクト図解!

お昼休みを挟んでピクト図解とビジネスモデル・ジェネレーション(BMG)のワークに入りました。
BMGのキャンバスを用いながら、KA法をつかってアイデア化した新規ビジネスのサービスを練り込みます。

新たに生み出した新サービスをピクト図解

こちらはピクト図解と連動したキャンバス

また、今回はピクト図解の考案者である板橋さんも見学にいらしていただきました(写真を撮るの忘れました…)。

時間が足りないというご意見も頂きましたが、概ね好評のうちに幕を閉じたのでした。個人的には、BMGとの連携はまた取り組んでみたいなと思いました。

ご参加頂いた方々、ありがとうございました!

2012/09/25 at 09:46 コメントをどうぞ

ピクト図解×ビッグデータ勉強会、開催しました!

2012年6月26日(火)19時半より、ビッグデータをテーマにピクト図解の勉強会を開催しました。15名ほど参加表明頂いておりましたが、当日、5名がキャンセルとなり10名で開催しました。やはり、平日夜は仕事の都合があるのか厳しいですね。今後の課題です。

今月はKDDIウェブコミュニケーションズさんに会場を提供いただきました。ありがとうございました。

10人が3名、3名、4名の3グループに分かれて勉強会開始。今回は既存のWebサービスとして題材に選んだのは、兵庫県豊岡市にある城崎温泉に導入されたデジタル外湯券サービスの「ゆめぱ」です。

お財布ケータイもしくは、ICカードで旅館の外にある9つの外湯を自由に行き来できるシステムで、外湯ごとに入湯券を購入することがなくなり、また、もちろんゆめぱパスでお買い物もできるため、お財布を持ち歩く必要もなく、とても利便性が上がります。

このゆめぱに蓄積されている既存のデータ(=ビッグデータ)を使った新サービスを検討するワークショップを行いました。

便利な外湯券とお財布ケータイ機能を提供することで、温泉に入りお買い物を一緒に提供する合計モデル

このゆめぱサービスを通して、蓄積されるデータとして、次の3つに焦点を上げました。

  • ユーザー情報
  • 購買情報
  • 位置情報

この3つのデータを元にして、アイデア発想の練習を経て、ピクト図解のダイアグラム発想法を実施しました。新たなデータを加えるといった発想の転換などで、さまざまなアイデアが生まれました。

2人で組んでダイアグラム発想法でアイデアを生み出す!

 

最後にアイデアをピクト図にかき起してブラッシュアップ

 

参加頂いた皆様、お疲れさまでした!

次回以降、前回の勉強会で取り上げた「ビジネスモデル・ジェネレーション」ともコラボした勉強会も検討したいなと思っております。時間に余裕がないと面白くないので、土日いずれかの日中開催となりますが・・・。

なお、来月7月の勉強会は少し早い夏休みを頂き、お休みとさせていただきます。8月に初中級者向けにピクト図を「描く」ことに主眼をおいたワークショップ型の勉強会を検討していますので、ぜひぜひご参加ください!

 

2012/06/29 at 01:02 コメントをどうぞ

6月勉強会「ピクト図解×ビッグデータ」まもなく募集開始します!

6月の勉強会のお知らせです。

ピクト図解を使ったビッグデータ活用について勉強会を開きます!!

今現在、スタッフとともに勉強会の内容を策定中です。

以下の日時で実施致します。参加希望の方は、Twitter(@PictoITUser)まで、メンションいただけますか! もしくはこちらにコメントでもOKです。

  • [6月勉強会開催概要]
  • 開催日:6月26日(火)19時半〜22時(予定)
  • 場 所:KDDI Web Communications
  • 人 数:16名
  • 参加費:1000円
  • 対 象:ITエンジニア中心に、ビッグデータに興味のある人
  • 参加条件:
  • 「ビジネスモデルを見える化する ピクト図解」(板橋 悟 著)を読了し、8つのビジネスモデルを理解していること
  • ピクト図を描いていること もしくは、自分の会社をのビジネスモデルを描けること

大変恐縮なのですが、今回は参加条件が厳しめです。想定しているのは中級者向け。初級者でもピクト図解の定義する「8つのビジネスモデル」を理解していれば、OKです。

申し込みページが準備でき次第、またこちらで連絡します!!

2012/06/12 at 23:14 2件のコメント

ピクト図解×ビジネスモデル・ジェネレーション!勉強会報告

遅くなりましたが、勉強会開催報告です。先週末、2012/5/26(土)の13時〜16時までの3時間、みっりと「ピクト図解×ビジネスモデル・ジェネレーション」をテーマに勉強会を開催しました。

定員は21名。前日にキャンセルが入るも、当日にすぐ埋まり、なんとキャンセルなし!という快挙を達成しました。

会場は、(株)富士通ラーニングメディアさまのご協力のもと、CO☆PIT(こぴっと)と呼ばれる「こどもごころ」をテーマにしたアイデア発想空間をお借りしました。

この会場はとにかくすごい!! なにがスゴイって、扉を開ければそこには、人をワクワクさせるためのスペースでいっぱい。あまりに嬉しくなってしまい、いろいろ写真を撮ってしまいました。

エントランス。扉を開くとそこには……

地面に投影された映像が目に入ります。面白いことに、地面に立っている人を認識して映像が変化しました

Bar形式のカウンターテーブル。話しながらアイデアを膨らませるのもあり?

今回の勉強会講師は、@smarter5さん にお願いいたしました。普段から、ピクト図解やビジネスモデル・ジェネレーションのキャンバスを使って、アイデア発想やビジネスモデルを検討するワークショップを行っていらっしゃいます。

そこで得た経験を全部投入していただき、Webサービスの事例として復刊ドットコムを取り上げ、「新たに1000人からの復刊依頼を集めるには?」をテーマに新たなビジネスモデルを検討しました。

流れとしては、

  1. 現在のビジネスモデルを描く (ピクト図解で描いた後BMGで描く)
  2. 新たなビジネスモデルを考えるワーク(アイデア発想)
  3. 生まれたアイデアをピクト図解に追加する
  4. 足りない箇所をキャンバスに加えて行く

という感じで、ピクト図解とキャンバスを行き来しながら、新しいビジネスモデルを検討しました。

アイデア発想ワークに取組中

皆で検討中。キャンバスとピクト図解を交互に行き来しました。

最後にチームごとに発表を。皆さん、ピクト図解を指で指示しながら解説していたことが印象的。

時間が押せ押せとなってしまい、次回は必ず4時間で行いたいと切に願う結果となりましたが、その点を除けば、おおおむね参加いただいた皆様に好評だったようです。

また、今回は考案者である板橋さんに駆けつけていただき(見学いただきました)、最後に講評いただきました。

事例として取り上げた復刊ドットコムについての講評を少し。

ご参加いただいた皆様、本当にありがとうございました!

2012/05/31 at 21:59 コメントをどうぞ

過去の投稿


ピク活IT BLOG

ピクト図解 ビジネス活用会 IT支部の活動報告ページです。ピクト図解学習報告も。

2017年10月
« 12月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

Feeds